2016年5月27日金曜日

フードプリンタの治具の中敷は弁当箱じゃないよ!!

もうすぐ梅雨の季節がやってきますが、明るく元気に頑張ろう!!という夢を昨日見ましたウェ部たん水上です。

今、SO-KENのインクの中でもかなり注目度の高い食べられるインクですが、まだまだ課題や改良が必要なので、インクの検証やプリンタ等を使い易くすることも日々努力していきたいと考えております。

さて今回は、ご好評いただいておりますフードプリンタの機種の中から、クッキーやマカロンなど厚みのあるものも印刷できるTPW-105EDFに使用している治具に装着する中敷のトレーを検証しました。
治具にお菓子などを置いたときにどうしても汚れてしまうので、洗いやすくするために治具に中敷トレーを装着する事になりました。

これが、きちんと装着できてさらに使いやすくなりますね♪

お弁当箱のようにも見えますが中敷のトレーです!右端の棒もお箸ではありませんよ笑


素材はPET樹脂で食品対応素材を使用しております

早速装着してみましょうー♪
綺麗にハマるかどうか…
ばっちりハマりましたよー
ということで、早速印刷をしていきますよ!
写真や画像をパソコンで配置していきますー
今回も僕たちの中でおなじみのマカロンにプリントしてみます。
後ろから治具を差し込み、パソコンのプリントボタンを押したら印刷が始まります!!

位置を合わせるためのシートと滑り止めのシートをひいて…


あとは待つだけー 簡単でしょ?笑

じゃーん!!出来ましたー♪ パチパチ

印刷の感じもバッチリですね!!
ということで、途中からフードプリンタの検証に近くなってしまいましたが、中敷のトレーをセットしても綺麗に印刷できることがわかりましたので、近日発売になるかもしれませんねー

内容で気になった事や、面白い印刷の情報など、何でも良いのでコメントお待ちしています!!